最新の食

ミキサー食・刻み食とは果たしてどんなものなのか

ミキサー食とは一体どういったものかというと、やわらかめのたべもの、あるいはジョウショクといったものをミキサーで仕上げたものを意味します。
粘度の目安としてはポタージュくらいがよいとされており、いちいち噛む手間がないように作られています。
片栗粉であったり増粘剤といったもので粘りを強めることをしていきますが、粘りがあまりにもありすぎると、のどにくっついてしまう場合があるので意識しておきたいところです。
ペースト状になるよう、どのたべものも見た具合が似た仕上がりとなります。
よって、手間をかけ工夫して、調理であったり盛り付けをしていくことが大切です。
また、ジョウショクあるいはやわらかめのたべものを細かくしたり、大きさを小さくしたりして口に運びやすくしたものが刻み食です。
刻む時の大きさについては、食事する人の咀嚼力であったり嚥下力を考え刻んでいきます。
ですが、単に細かくするだけでは意味がありません。
例を出すと、刻んだフライにはそこまで水分を含んでなく、口の内部で噛んだものがバラけやすくなります。
この場合ですと、誤嚥にもつながってくることもあるので注意をしていきたいところです。

Copyright(c) 食 . All Rights Reserved.